年金や老後のお金関連記事

年金や老後のお金関連記事

【今さら聞けない】年金は何歳から支払い、いつ支給される?気になる支給額まで解説

年金の保険料は何歳から支払い始め、いくら支払わなくてはならないのだろうか。そして、年金はいつから、どれくらい支給されるのだろうか。公的年金に関する時期とお金について解説する。 目次 年金は何歳から支払うものか いくら支払…

お金にまつわる情報記事

天才投資家ジム・ロジャーズが日本人に警告「年金はあてにするな。早く海外へ逃げろ」=花輪陽子

日本では老後資金2000万円不足問題が連日メディアで賑わっています。しかし、天才投資家のジム・ロジャーズは「年金をあてにしている人は甘い」と警告します。(『花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編』花輪陽…

年金や老後のお金関連記事

日本の年金、世界格付け37か国中31位の最低クラス。若者の未納が止まらず窮地=今市太郎

お気楽なGPIFの理事長は、部下の女性との不適切行為で減給へ… 日本の年金、今年も最低クラス 米国のコンサルティングファームであるマーサーと、オーストラリアのモナッシュ金融研究センターは、今年もグローバル年金指数ランキン…

年金や老後のお金関連記事

100歳まで病気でも貧困でも「生かされる」地獄、生活保護の半数以上が高齢者=鈴木傾城

年金収入だけで人生100年を乗り切るのは、かなり難しいことになる。だからこそ、生活保護受給者の半数以上が高齢者が占めるようになっているのだ。今後、私たちは富裕層でもない限り、「死ぬまで働く」ことを強いられることになる。し…

年金や老後のお金関連記事

年金 財政検証「経済成長なら目減りも50%は維持」しかし経済成長がマイナスならかなりヤバイ。

公的年金の将来の給付水準の見通しを示す「財政検証」の結果が公表されました。 NHKニュースによると、経済がマイナス成長の場合には、2050年代に国民年金の積立金が枯渇し、給付水準が、現役世代の30%台半ばまで落ち込むおそ…

お金にまつわる情報記事

サラリーマンは退職金で会社を買いなさい・その2「世の中には500万円で買える会社がこんなにあった!」

前回は「退職を前に会社を買う」ことが、いかに実利的な選択肢であり、また一方で会社を売りたいと思っている社長がどれだけ多いか、について解説しました (前回記事はこちら→サラリーマンは退職金で会社を買いなさい・その1 では一…

年金や老後のお金関連記事

【年金を払えない政府】ついに麻生大臣が発言「退職後2000万円不足するから個人で資産形成考えろ」と。

金融庁が退職後に2000万円が不足する例もあるとして若いうちから資産運用が必要 と報告書をまとめたことを受け、麻生財務大臣も資産形成の重要性を強調しました。6月4日です。 そのときのニュース動画はこちらです。再生すると音…

年金や老後のお金関連記事

■とある投資家さんのお話「人生100年時代なんて大嘘」政府の年金破綻の露呈と70歳まで働け命令について

知り合いの投資家さんの興味深いお話です。 【私が2018年1月のセミナーから予告していた通り 年金破綻の露呈と70歳まで働け命令】 こんにちは匿名です。 今日はビジネスのお話しではありません。 70歳定年というニュースが…

年金や老後のお金関連記事

長男の嫁でも介護をがんばれば遺産がもらえる? 民法改正後にやるべき争族対策=山田和美

民法改正で相続はどう変わる?「居住権」ほか変更点と対策まとめ もう「長年連れ添った妻が路頭に迷う…」は無くなる? 相続のルールを定めている民法の改正案が今年7月に成立し、今後2年以内に順次施行される見込みです(※編注:法…

年金や老後のお金関連記事

雇用延長、退職日に注意「65歳になる2日前に退職」するのがポイント 「老齢厚生年金」と「失業給付」の両方がもらえる方法とは?

ポイントは65歳になる2日前に退職 退職したときにもらえる失業給付は65歳を境に変わります。退職する日が1日違うだけで給付額が大きく変わる可能性があるので、注意が必要です。 64歳までの人が退職時にもらえる失業給付は「基…

年金や老後のお金関連記事

年金は増えません⇒19年度に「年金抑制策実施」年金給付の伸びを抑制する対策が4年ぶりに実施へ。

少子高齢化に伴って年金給付の伸びを抑制する「マクロ経済スライド」という仕組みが、2019年度に実施される見通しとなったことが22日分かった。年金額を改定する際に指標となる物価や賃金が上昇しており、実施の条件が整うためだ。…

年金や老後のお金関連記事

最低でも3000万は正しい?「老後資金」を考える★貯金1000万円以下でも老後を乗り切るFP・畠中雅子さんインタビュー

老後資金は「年間の赤字額」から考えてみる “老後資金は、最低でも3000万円必要”――。そんな定説が語られていますが、必要な額は人によってさまざま。老後を考えるには、まず自分にとっての必要額をざっくり見積もることが大事で…