「管理人」の記事

おかしな政府に一言

なぜ安倍政権は「国民を救う予備費10兆円」をケチるのか!?コロナ無策で倒産続出へ=斎藤満

コロナ感染拡大を封じ込めるためには再度の短期集中的な休業要請が必要ですが、自治体は財政資金不足で補償金が出せません。今こそ10兆円の予備費を有効活用すべきですが、臨時国会も開かれず日本は「無政府状態」。このままでは大型企…

年金や老後のお金関連記事

【今さら聞けない】年金は何歳から支払い、いつ支給される?気になる支給額まで解説

年金の保険料は何歳から支払い始め、いくら支払わなくてはならないのだろうか。そして、年金はいつから、どれくらい支給されるのだろうか。公的年金に関する時期とお金について解説する。 目次 年金は何歳から支払うものか いくら支払…

おかしな政府に一言

海外メディアも「桜を見る会」に不信感、安倍政権の大嘘で日本株が投げ売りされる=今市太郎

データ破棄は先進国家ではありえない?海外メディアも騒ぎ出した 安倍政権はもう死んでいる? 私は子どものころからまったく漫画というもの読まない人間で、漫画といえばもっぱらテレビで見るだけの人間でした。 その私でも知っている…

おかしな政府に一言

「物を買わない」という抗議行動を!!消費増税に怒れる日本人は買ってはいけない。消費をやめれば政治家・官僚・財界が青ざめる=鈴木傾城

買ったら消費税という「罰金」がかけられる今、私たちができる対抗手段は「余計なモノは一切買わない」ことだ。これを徹底すれば日本は極限の不景気となり、消費増税を決めた政治家・官僚・財界の親玉は責任を取らされることになる。 「…

お金にまつわる情報記事

天才投資家バフェットが警鐘。なぜ日本人は収入が途絶えた老後から投資をするのか?=俣野成敏

日本証券業協会の調査によると、日本の投資家の過半数を60歳以上が占め、年収は300万円未満が45.4%で最多となっています。多くの人が収入が途絶えたり、先細りする状態になってから、労働収入の代替え手段として、投資を検討し…

お金にまつわる情報記事

天才投資家ジム・ロジャーズが日本人に警告「年金はあてにするな。早く海外へ逃げろ」=花輪陽子

日本では老後資金2000万円不足問題が連日メディアで賑わっています。しかし、天才投資家のジム・ロジャーズは「年金をあてにしている人は甘い」と警告します。(『花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編』花輪陽…

年金や老後のお金関連記事

日本の年金、世界格付け37か国中31位の最低クラス。若者の未納が止まらず窮地=今市太郎

お気楽なGPIFの理事長は、部下の女性との不適切行為で減給へ… 日本の年金、今年も最低クラス 米国のコンサルティングファームであるマーサーと、オーストラリアのモナッシュ金融研究センターは、今年もグローバル年金指数ランキン…

年金や老後のお金関連記事

100歳まで病気でも貧困でも「生かされる」地獄、生活保護の半数以上が高齢者=鈴木傾城

年金収入だけで人生100年を乗り切るのは、かなり難しいことになる。だからこそ、生活保護受給者の半数以上が高齢者が占めるようになっているのだ。今後、私たちは富裕層でもない限り、「死ぬまで働く」ことを強いられることになる。し…

お金にまつわる情報記事

永遠に続く格差の正体。死ぬ前に脱出するにはこの「うまい話」に気付け=鈴木傾城

もしあなたが資本主義の正体に気付かないまま「じり貧」に追い込まれているなら、搾取された分を奪い返さなければならない。どこから始めればいいのか?(『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』) 冷酷な事実「リスクを取らない人間に…

気になる面白記事

「韓国なんて要らない」という週刊ポストの特集を各所から批判されたので小学館が謝罪したが、「断韓」記事を堂々と載せるべしと言った小林よしのり氏の意見を支持したい。

週刊ポストが「韓国なんて要らない」特集を謝罪。「誤解を広めかねず、配慮に欠けていた」 9月2日発売の週刊誌「週刊ポスト」で「韓国なんて要らない」などと題する特集を掲載し、小学館から関わりのある作家らから「差別的だ」と批判…

年金や老後のお金関連記事

年金 財政検証「経済成長なら目減りも50%は維持」しかし経済成長がマイナスならかなりヤバイ。

公的年金の将来の給付水準の見通しを示す「財政検証」の結果が公表されました。 NHKニュースによると、経済がマイナス成長の場合には、2050年代に国民年金の積立金が枯渇し、給付水準が、現役世代の30%台半ばまで落ち込むおそ…

お金にまつわる情報記事

サラリーマンは退職金で会社を買いなさい・その2「世の中には500万円で買える会社がこんなにあった!」

前回は「退職を前に会社を買う」ことが、いかに実利的な選択肢であり、また一方で会社を売りたいと思っている社長がどれだけ多いか、について解説しました (前回記事はこちら→サラリーマンは退職金で会社を買いなさい・その1 では一…

消費税10%関連記事

安倍首相が消費増税を延期できない理由は「森友学園問題」を隠蔽してくれた財務省への恩返しか。

野党議員の口からはもちろんのこと、与党自民党議員からも公然と「反対」の声が上がる消費税の10%への増税。個人消費の落ち込みによる景気の悪化も必至と言われますが、それでも安倍首相の「10月敢行」の意思は固いようです。なぜ首…

年金や老後のお金関連記事

【年金を払えない政府】ついに麻生大臣が発言「退職後2000万円不足するから個人で資産形成考えろ」と。

金融庁が退職後に2000万円が不足する例もあるとして若いうちから資産運用が必要 と報告書をまとめたことを受け、麻生財務大臣も資産形成の重要性を強調しました。6月4日です。 そのときのニュース動画はこちらです。再生すると音…

年金や老後のお金関連記事

■とある投資家さんのお話「人生100年時代なんて大嘘」政府の年金破綻の露呈と70歳まで働け命令について

知り合いの投資家さんの興味深いお話です。 【私が2018年1月のセミナーから予告していた通り 年金破綻の露呈と70歳まで働け命令】 こんにちは匿名です。 今日はビジネスのお話しではありません。 70歳定年というニュースが…

お金にまつわる情報記事

米国が消費税増税にまさかのダメ出し?安倍首相はゴルフでご機嫌取りしてる場合じゃない=今市太郎

日米通商協議は立ち上がりからいきなり難癖をつけられていることが明らかになっています。米国が消費税増税に異を唱えているという話が急激に持ち上がりました。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎) 消費税は貿易障壁?さらに「5…

おかしな政府に一言

消費増税、3月までに中止発表か。統計不正を払拭する「ダブル選挙」解散の大義に使われる=斎藤満

安倍総理は夏の参議院選挙を単独で行えば過半数割れの危機と認識し、衆参ダブル選挙に持ち込む意向と言います。解散の大義として、消費税引き上げの延期を利用すると見られています。 モリカケ問題と同様に、選挙で勝てば統計不正もうや…