日本人の30代・40代で貯金ゼロが23%という調査結果から貯蓄について考える。

働き盛りの30代40代世代で貯金ゼロが23.1%の現実とは?

SMBCコンシューマーファイナンスが行った「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2019」によれば、30代・40代で貯金がゼロだと回答した人の数が23.1%にも及ぶとのことです。

 

30代・40代は通常であれば年収が増えていく時期なのだが、その世代でも貯金ゼロの回答が23%程度もあるということは、「貯蓄をせず浪費を続ける人」や「そもそも余裕がなくて貯蓄が出来ない」という層が23%もいるということでしょう。

そして、恐らくだが「そもそも余裕が無くて貯蓄が出来ない人」の割合がかなり多いように思います。

この調査での貯蓄額に関する他の回答結果は下記の通りです。

・貯蓄額1 万円~50 万円以下:24.6%

・貯蓄額100万円以下:60.5%

・貯蓄額500 万円超~1 千万円以下:8.0%

・貯蓄額1 千万円超:9.8%

・貯蓄額の調整平均:195 万円

この結果からもわかるとおり、30代・40代で500万超の貯金をしている層というのは本当にごく一部であることがわかります。

貯蓄額が100万円以下と回答した層が60.5%もいることからも、我が国日本では働き盛りの30代・40代においても貯金をきちんと出来ている層というのは少数派だということです。

ただ、1千万円以上の貯蓄をしている層も9.8%いるので、「貯蓄を出来ている層」と「貯蓄を出来ていない層」の2極化が進んでいるのではないのでしょうか。

要するに、30代・40代においても持てる者と持たざる者の2極化が進んでいると思います。

今回の調査結果の内容を昨年(2018 年)の同調査結果と比較すると、貯蓄ゼロの人の割合が下記の通り増加しています。

・2018 年17.1%→2019 年23.1%

 

また、貯蓄額の調整平均については下記の通り減少しています。

・2018 年247 万円→2019 年195 万円

日本の景気は絶好調だと言われていたにも関わらず、労働者たちの所得は全く増えていなかったという可能性が非常に高いですね。

ここ日本ではいくら景気がよくなろうが、労働者たちは年々貧乏になっていくということが確定しており、仮に不景気状態に突入した際には本当に「国民総貧乏時代」とでも言うべき状態になります。

こういう調査結果を見ると、やはり日本では以前までの「サラリーマンは定年まで働いて上がり方式」は一切通用しなくなっていることがよくわかります。

日本の総労働人口のうち最も多いのは、企業に雇用されている、いわゆるサラリーマンという人々です。

おそらく調査に対して回答している層で最も多いのもサラリーマンと思いますが、30代・40代でも相当厳しい貯蓄事情が明らかとなっていますね。

日本企業は最近ようやく株主還元に目覚め始めており、企業が発行する株式を保有している人間には配当金を支払ったり自社株買いで報いたりしているが、従業員に対しては報いるどころか、何やかんや理由をつけて人件費を削り続けているのです。

そのため、今後はどう考えてもサラリーマンの貯蓄事情はさらに苦しくなっていくことでしょう。

日本の銀行貯金ではお金は増えない現実

そもそも今の時代に貯金は時代遅れとしか言えません。

何故なら低金利で銀行の金利は0,01%なので、仮に100万円を0,01%の低金利の銀行に預けても、1年で金利は100円でこれでは意味がありません。

もっと高金利か増やすかの2択になります。もっと高金利と言っても個人向け国債なら銀行より0,05%も多いし銀行より安心です。

国債は日本国が発行してるので国が潰れないかぎりは、元本保証されてるので銀行より10000倍は安全です。

お金を増やしたいなら投資信託を買いなさい

投資信託とは分かりやすく言えば何百、何千の企業の株式を少しづづ保有してリスクを分散してる金融商品です。

元本割れするリスクは当然ありますが、投資信託は長期保有で優良商品を保有すれば比較的儲かりやすい金融商品なので、毎月少額でも積立投資出来ます。

500円から可能です。

iFree S&P500インデックス
iFree S&P500インデックスの何が良いのかと言えば、投資の最適と言われているS&P500に投資出来るからです。

S&P500の凄さは世界1の投資家ウォーレンバフェットのお墨みつきで自分が亡くなったら妻にS&P500を買っておきなさいと遺言を残してるほどです。
S&P500の歴史は100年以上有ってずっと右肩上がりでほぼ10年保有すれば儲かるってデーターがあるからです。
確実性を持たせるなら20年の保有が好ましいです。よっておすすめ投資信託に入れてます。

ただし、自分で調べて投資信託銘柄を選ぶのは難しいかもしれません。

お勧めはプロに任せることです。

毎月少額でもいいので、将来の自分のために年金型積立貯蓄を始めましょう。

一般人が自分で自分の資産運用して資産を安定的に増やすことは至難の技です。

毎月一定額を積立ながらプロに資産運用してもらう方法がベストです。

つまり、少額でも毎月コツコツと一定額を積立ながら、長期間非課税複利運用できる海外積立がベストです。

詳細はこちらをご覧ください。

「人生100歳時代」老後の備えは【海外積立年金】がベストな理由とは?