平均給与436万円…お金がない日本人「残酷すぎる年金額」

国税庁『民間給与実態統計調査』(令和元年)などをもとに、働く日本人のお金事情について見ていきます。

「働いて働いてお金を稼ぐ日本人」の今

「勤勉」「よく働く」といったイメージを抱かれることの多い日本人ですが、その働き方のマイナス面について注目され始めたのは、1980年代後半のこと。過労による自殺、突然死の報道が相次いだのです。

 

時は経ち、現在。厚生労働省の令和元年度の調査を見てみると、月末1週間の就業時間が40時間以上である就業者のうち、週の就業時間が60時間以上の割合において最多を占めているのは、全年代の男性のうち「40歳代」「30歳代」です。なお女性については「60歳以上」で割合が高くなっています。

 

「たくさん働いた分、お給料はタップリもらっている」……そう宣言したいところですが、国税庁『民間給与実態統計調査』(令和元年)を見ると、日本人のリアルなお金事情が明らかになっています。

日本人の平均給与…「こんなにもらってない」の悲鳴

1年を通じて勤務した給与所得者の1人当たりの平均給与は436万円。男女別にみると、男性540万円、女性296万円となっています。

 

平均給与436万円。月の収入では36万円。ボーナスなしの場合を考えると、手取りではざっと28万円前後といったところでしょうか。

 

正規、非正規についてみると、1年を通じて勤務した給与所得者の1人当たりの平均給与は正規503万円、非正規175万円です。男女別にみると、正規については男性561万円、女性389万円、非正規については男性226万円、女性152万円となっています。

 

年齢別に詳しく見ていきましょう。20代~60代の平均給与(男女合計の平均)は下記のとおり。

【年齢別平均給与】

20~24歳・・・264万円

25~29歳・・・369万円

30~34歳・・・410万円

35~39歳・・・445万円

40~44歳・・・476万円

45~49歳・・・499万円

50~54歳・・・525万円

55~59歳・・・518万円

60~64歳・・・411万円

65~69歳・・・324万円

 

「もっとも働いている」40代の平均年収について詳しく見てみると、40歳~44歳の男性が582万円、女性318万円。45歳~49歳の男性が629万円、女性324万円。「もっとも給与が高い」年齢層である50代の平均年収について見てみると、50歳~54歳の男性が679万円、女性320万円。55歳~59歳の男性が686万円、女性301万円でした。

 

……格差が広がる今、「こんなにもらってない」という声は多く聞かれます。

 

今年50歳になった吉村さん(介護職員男性/仮名)。バブル崩壊後の就職氷河期を生き抜いたあとも、長らく不況に苦しめられてきた「団塊ジュニア」の世代です。

年金の受給額は?…団塊ジュニア男性の「心からの声」

「母と2人暮らしです。給与は25万円。もらっているほうなんですかね。過労死……は、しないと思いますが、体力勝負な仕事ですから、この先はとても不安です。もともと肝臓と腰が悪いので、自分の身体がダメになったらどうしようと。親のお金をあてにするのは辛い」

 

厚生労働省『令和元年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況』では「年齢別老齢年金受給権者数及び平均年金月額」を調査しています。厚生年金については、受給権者数は全国に1600万人。平均年金月額は14万4268円です。下記が年齢別の平均年金月額になります。

 

【60代】

60歳・・・9万1304円

61歳・・・5万8881円

62歳・・・6万1048円

63歳・・・7万8886円

64歳・・・8万1279円

65歳・・・14万4064円

66歳・・・14万4333円

67歳・・・14万3081円

68歳・・・14万1098円

69歳・・・14万2764円

 

【70代】

70歳・・・14万7292円

71歳・・・14万6568円

72歳・・・14万5757円

73歳・・・14万5367円

74歳・・・14万7330円

75歳・・・14万7957円

76歳・・・14万9693円

77歳・・・15万1924円

78歳・・・15万4127円

79歳・・・15万6714円

【80代】

80歳・・・15万8309円

81歳・・・16万73円

82歳・・・16万622円

83歳・・・16万1675円

84歳・・・16万2760円

85歳・・・16万2964円

86歳・・・16万2221円

87歳・・・16万3007円

88歳・・・16万4010円

89歳・・・16万6406円

 

なお、厚生年金の受給額のボリュームゾーンは「9~10万円」で約112万人。次いで「10~11万円」が110万人、「11~12万円」「17~18万円」がそれぞれ約100万人と続きます。

 

年金月14万円。2019年の総務省「家計調査」によると、2人以上の勤労者世帯の消費支出は1ヵ月平均32万3853円ですから、年金だけで暮らしていくことの難しさを実感してしまいます。

 

吉村さん、痛切な言葉を残しました。

 

「……僕、年金を納めていなかった時期が結構あって。大学卒業しても仕事に就けなかった時期が長らくあったんです。面接はもちろん何回、何十回と受けましたよ。でも通らなかった。フリーターの時期もありましたが、一切働いてなかった期間もあります。自分の将来の年金は正直期待できないですね」

頑張って働く日本人「自助努力」の行く末

総務省統計局の『労働力調査』によると、世代別にみた就業状態の推移において、団塊ジュニアを含む1970年代前半生まれがその前の世代に比べ、入職初期の失業率、非正規雇用比率が高かったことが明かされています。

 

また、いわゆる「ポスト団塊ジュニア」にあたる1970年代後半生まれは、完全失業率が大きく低下したのに比べ、非正規雇用比率の低下は小さく、非正規雇用のまま滞留していることが危惧されています。

 

働けど働けど貯まらないお金。せめて年金に期待したいところですが、少子高齢化が進む現在、大きな期待を寄せられないことは、もはや周知の事実です。国民全体に「自助努力」が求められている現実を、受け止めるしかないのでしょうか。日本人の暗い行く末は、もう目の前に迫っています。