厚生年金の受給額「月25万円超えの人」の割合はどのくらいか

現役世代のみなさんは、老後の生活費と年金について考えたことはありますか?

金融広報中央委員会が公表した「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和2年(2020年)調査結果」によると、「ゆとりはないが、年金で日常生活程度はまかなえる」と答えた人は、60歳代で52.8%、70歳以上で61.3%。

そして、二人以上世帯の「老後のひと月あたりの最低生活費」は、60代で28万円、70代以上で31万円という回答が出ています。

  • コンフォートシューズ Uモカシン メンズ 紳士 靴 レザー 快適[PR](Yahoo!ショッピング(ストア))
  • 【第(2)類医薬品】メンソレータム リシーナ注入軟膏A (8個入り)[PR](楽天市場)

シニアが実感する、この「最低生活費」に近い年金額を受給できている人はどのくらいいるのでしょうか。

今回は、最新の厚生年金受給額をみながら、老後のお金について考えていきましょう。

【男女別】厚生年金、みんなの受給額はどのくらい?

まず、厚生年金の受給額の月額を、男女別にみていきます。

2020年12月に厚生労働省年金局が公表した「令和元年(2019年)度 厚生年金・国民年金事業の概況」によると、厚生年金の平均年金月額は14万4268円(うち男性16万4770円、女性10万3159円)です。

ここからは、その受給額の分布を男女別にみていきます。

厚生年金 年金月額階級別老齢年金受給権者数(男性)

~5万円未満…15万977人
5万円以上~10万円未満…97万6724人
10万円以上~15万円未満…261万3866人
15万円以上~20万円未満…436万9884人
20万円以上~25万円未満…224万9128人
25万円以上~30万円未満…28万8776人
30万円以上…1万7626人

合計…1066万6981人

厚生年金 年金月額階級別老齢年金受給権者数(女性)

~5万円未満…31万5100人
5万円以上~10万円未満…234万1321人
10万円以上~15万円未満…218万2510人
15万円以上~20万円未満…41万2963人
20万円以上~25万円未満…6万3539人
25万円以上~30万円未満…4166人
30万円以上…379人

合計…531万9978人

厚生年金の受給額「月25万円超」の割合は?

さきほどの分布状況から、厚生年金を毎月25万円以上受給している人は、男性で全体の約2.87%、女性は全体の約0.085%となることが分かります。

いずれも「ほんとうの上位層」といえる割合ですね。

さらに30万円以上を受給する人に絞ってみると、その割合は男性で全体の約0.17%、女性は全体の約0.007%。

  • 夢展望 Diable baiser オフショルリボンロマンチックチュニックミニワンピ L ブラック[PR](夢展望)
  • 15歳までなら180cm目指せる!?話題の成長期サポート成分が凄い[PR](クラウディア417)

日頃の生活にかかるお金は、配偶者の収入、家族構成、住居形態などにより当然個人差があります。

とはいえ、公的年金だけで老後の生活費をすべてカバーできるケースはごくわずかであると考えてよさそうですね。

そして年金で不足する分は、ご自身で老後資金として蓄えていく必要があります。

現役世代のみなさんは、退職金や相続、教育費や住宅ローンといった、今後の収入・支出予定を一度棚卸ししてみるとよいかもしれません。

そのうえで、老後資金をしっかり準備できるペースを整えていきたいものです。

さいごに

「現役時代にがんばって働いたぶん、老後は安心してのんびり生活したい」

そんな願いをかなえるためには、まずは健康であることがたいせつです。そして、健康な生活を送るためには、やはり「お金」もたいせつです。

2019年、金融庁のレポートに端を発した「老後2000万円問題」をきっかけに老後を見据えたマネープランの見直しを始めた方もいらっしゃるでしょう。

超低金利政策が続く現在、お金を漠然と金融機関に預けていても、金利はほんのわずか。そこで目を向けてみたいのが、「お金に働いてもらう」という意識。

それが「資産運用」です。

資産運用は、運用期間が長いほどリスクが軽減し、リターンが安定してきます。「老後のためにお金を育てたい」と思う人は、できるだけ早めのスタートをおすすめします。

資産運用というと「金融の知識がないから躊躇してしまう・・・」といった理由でハードルが高いと感じる人も多いようです。

そんな方は「お金のプロ」のアドバイスを受けながらスタートされてみるとよいでしょう。